« シリンダー ピストン NF13A VJ21A VJ22A(RS250) | トップページ | フロントフォーク インナーシャフトの錆 NF13A 倒立 »

2015年1月18日 (日)

Fフォーク オーバーフォール準備 NF13A + VJ22A組み合わせ

前回のプリロード仮組で、取り付けらなかったゴムの替わりとなるメーターパッキンなる物を見つけました。ニトリゴムなので、耐油性もあると思います。

Img_3280

Img_3281

左からNF13A、VJ22、メーターパッキン(何用かは不明)厚みが3ミリです。内径・外径はVJ22Aとほぼ同じです。

※ただし、この厚みでも使えませんでした。残念。

Img_3258


NF13AとVJ22Aを分解して並べてみました。

NF13AもVJ22Aもダンパーの長さも径もが同じですが、NF13Aにはバネの台座がダンパーについています。

※正確にはVJ22Aのダンパーが数ミリだけ短いです。

右側がVJ22Aです。

Img_3257


インナーはシャフトの径がVJ22Aが41Φ、NF13Aが39Φ

VJ22Aのほうがシャフトが太いのでステーの厚みが薄くなっています。

Img_3255

シャフト下のブレーキステーは全く同じです。アクスルシャフトも13Aが付きました。

※間違いです。つきませんでした。VJ22Aの方が太いです!

Img_3259


アウターは、VJ22Aが50~52φ、NF13Aが50~48Φです。VJ22Aが長いです。

VJ22Aのフォークをステム下で固定する所から上のアウターを何センチか50Φに削れば、NF13AにVJ22Aのフォークがそのままポン付です。長い分はステムから上に出せば良さそうな気がします。SPショックを入手すれば減衰力調節になりますが、52→50Φの強度が気になります。

Img_3260


ちなみに、NF13AにVJ22Aのバネは入りませんでした。これが入れば、中身を一式VJ22Aポン付流用だったのに、残念です。

NF13Aのアウターとインナーを利用してVJ22Aのダンパーを移植するにはNF13Aのバネの移植が絶対条件です。

そうなると、バネをどこに入れるかです。

Img_3261

画像下がNF13Aノーマルです。

上が、こんな感じで流用出来るかなと僕が素人ながらに考えた事です。

NF13Aのダンパーの長さに合わせてJV22Aのスペーサースプリングをカットして下に入れてそこから上はNF13Aバネ→NF13Aスペーサースプリング。

または、NF13Aバネ→JV22Aのスペーサースプリングをカット→NF13Aスペーサースプリング

バネの位置を一番下にするか、真ん中に挟むかだけですが・・・・・どうなんだろうか???

<後日談>

RG200のインナーチューブの程度の悪い物を入手してばらしてみたら、中の構造がVJ22Aと同じでした。

Img_3654


【画像はRG200】

3本並べてみます

Img_3655


上からVJ22A RG200、NF13Aです。

Img_3656


一番左のVJ22Aのみ少し短いです

Img_3658

VJ22Aには、こんなプラスティックの部品が付いているので、RG200やNF13Aのスペーサースプリングが入りません。

Img_3659


Img_3660


Cリングで固定だったので、簡単に外れました。

バネ NF13A

スプリングスペーサー RG200

インナーロッド VJ22A

アウター・インナー NF13A

イニシャルアダプター VJ22A

これで、組んでみようと思います。

« シリンダー ピストン NF13A VJ21A VJ22A(RS250) | トップページ | フロントフォーク インナーシャフトの錆 NF13A 倒立 »

流用情報」カテゴリの記事

足関係」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
私も現在RG125Γをレストア中でして、ブログ内容に非常に共感する部分があり
思わず書き込みをしました。
特にイニシャルアジャスター追加の内容はとても参考になりました。
今後もレストア頑張ってください。

コメントありがとうございます。
コメントの見方が分からず、今気が付きました。
色々情報を交換して頂けると助かります

自分もイニシャルアジャスターの寸法を測ったりしましたが、
インナーロッドがノーマル長だとフォーク長が20mm程度長くなりますね。
これはイニシャルアジャスター(イニシャルアジャスター+ワッシャー+スプリングシート)がノーマルキャップ(キャップ+スプリングシート+ナット)の長さより長い為です。
フォーク長をNF13Aの純正長で組む為には、NF13Aのインナーロッドの全長を20mm程度
ショート加工する必要がありそうです。
自分はとりあえず20mm程度長いままで組み、トップブリッジからフォークを20mm程度突き出したセッティングで誤魔化す事にしました。
インナーチューブが錆びたジャンクフォークをそのうち手に入れてロッド長をショート加工しておき、
次のOH時にショートインナーロッドを組み込もうと思います。

カマ@自作派さん

コメントの見方が分からず、遅い返事になりました。

もう装着されたんですね。
なるほど、全長が長くなるんですね!勉強になります。

ただ、私はその後VJ22AのSPフォークを入手してしまったので
そちらを使う事にしました。

現在はステムの打ち替え等の加工に出している最中です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2089648/58626780

この記事へのトラックバック一覧です: Fフォーク オーバーフォール準備 NF13A + VJ22A組み合わせ:

« シリンダー ピストン NF13A VJ21A VJ22A(RS250) | トップページ | フロントフォーク インナーシャフトの錆 NF13A 倒立 »

無料ブログはココログ