« はじめまして RG125Γ NF13a ガンマオーナーに戻ってきました | トップページ | シリンダー ピストン NF13A VJ21A VJ22A(RS250) »

2015年1月 4日 (日)

Fフォーク プリロード調整 仮組み NF13A

フロントフォークに減衰力調節をつけたいのですが、減衰力調節のSPは入手困難なので、まずはプリロード調整つきのRGV250Γ(VJ22A)の事故車のフォークを入手。

分解 比較

Img_3194

フォークキャップのネジ径は同じです。

Img_3195_2


スペーサースプリングの径も同じです。

Img_3196


このまま組み付けると、かなり頑張って締めこんでも、ここまでしか入りません。約2ミリ弱隙間が開きます。

Img_3201s


このゴム(ラバーシート)を外して入れるとちゃんと締まります。

Img_3215


アウターの出っ張りにゴムが当たっているようです。

Img_3217

深さは約28ミリ

Img_3220s

ここで約29ミリ。すでに出っ張りを越えています

Img_3221

ゴムつけたら37ミリ。

Img_3219

NF13Aのキャップは約21ミリ+ゴム。

んん・・・このゴムは、たぶんショックが沈み込んだ時にインナーがフォークキャップに当たらないようにする為の物だとの事。

フルブレーキング時にラバーがなければ危ないような気がしますが、ガンマの場合バネが縮みきった状態で、ラバーにインナーが当たるのか?外したゴムにインナーが当たった痕はありません。

http://mc28tsuruta.web.fc2.com/mente/64/mente64.html

こちらのサイトには、同じような倒立フォークのOHが詳細に載っていますが、このゴムは見当たりません。

ちなみに、ゴム無しの場合VJ22Aからは、キャップ以外にこの3点(下から、カラー、ネジ、ワッシャー)とキャップを流用したら取り付けは出来ます。

Img_3206s_4

どうじようかな・・・・・

« はじめまして RG125Γ NF13a ガンマオーナーに戻ってきました | トップページ | シリンダー ピストン NF13A VJ21A VJ22A(RS250) »

流用情報」カテゴリの記事

足関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2089648/58473935

この記事へのトラックバック一覧です: Fフォーク プリロード調整 仮組み NF13A:

« はじめまして RG125Γ NF13a ガンマオーナーに戻ってきました | トップページ | シリンダー ピストン NF13A VJ21A VJ22A(RS250) »

無料ブログはココログ