« 排気デバイスモーター NF13A 分解 | トップページ | VJ22AのSPとVJ23AのFフォーク中身 RGV250Γ »

2015年8月 9日 (日)

RGV250ΓSPのフロント周り移植 VJ22A+VJ23A → RG125Γ(NF13A) 

元々、NF13Aの中身をVJ22Aにする予定でしたが・・・・大幅に変更!

頑張ってVJ22AのSPショックを入手してみましたが・・・ダンパー固定用のネジ径が違ってSTDの様に簡単に移植が不可能!

Img_3854


Img_3856

太い方がSP

色々検討した結果、ステムを打ち替えて、VJ22Aのフォークを移植することにしました!

ただ、フロントホイールはNF13Aのままにします。

【ステム関係】

NF13Aのシャフト+VJ22Aステムブラケットを利用してニコイチにしてもらいました。

Img_3932

奥が加工済みの物  手前がNF13A(本当はRG200Γ)

Img_3942

トップブリッジは、位置が微妙に違うのでNF13Aでは使えずVJ22Aを購入しました。

※下がNF13A  上がVJ22A

【フォーク】

VJ22AのSPフォーク一式(プラスα)

Img_3941


インナーとアウターはVJ22AのSPを利用します。

VJ22AのSPのインナーロッドが廃盤になっているようです。

中身をVJ22AのSPではなくVJ23Aを移植出来ないか検討中です。

【ホイール】

NF13Aのホイールを使える様に加工をしてもらいました。

VJ22Aのアクセルシャフトは太いので、それに合わせてベアリングの内径を大きい物にしてもらいました。

Img_3933
手前がVJ22A  奥がNF13A

Img_3935

ホイールベアリングを内径の大きい物に打ち替えてもらいました。
※厚みの関係で、スペーサーや内部のシャフト等色々合わせて作ってもらいました。

Img_3934

ホイールが中央にちゃんと来るように、アダプターも合わせて制作してもらいました。

« 排気デバイスモーター NF13A 分解 | トップページ | VJ22AのSPとVJ23AのFフォーク中身 RGV250Γ »

流用情報」カテゴリの記事

足関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2089648/61101898

この記事へのトラックバック一覧です: RGV250ΓSPのフロント周り移植 VJ22A+VJ23A → RG125Γ(NF13A) :

« 排気デバイスモーター NF13A 分解 | トップページ | VJ22AのSPとVJ23AのFフォーク中身 RGV250Γ »

無料ブログはココログ