« エンジン フルオーバーホール RG125γ(NF13A) | トップページ | 電圧系のステー制作 リベンジ DIY »

2016年6月20日 (月)

ハンドル周りの部品取り付け

やっとハンドルにスイッチ類を取り付けました。

ノーマルハンドルにはスイッチのぽっちがはまる穴が開いているので、社外品のセパハンに穴をあけて対応しました。

Img_5309


ドリルで穴をあけるとたいがいバリが出ます。このバリは開けたサイズよりかなり大きなサイズのドリルを手でもってクリクリと回すとバリが上手に取れます。

Img_5324

スイッチ関係を取り付けると、どんどんバイクらしくなってきます。

Img_5320


先日組みあがったFディスクも取り付けました。

これで、ついにブレーキをOhする準備が調いました。

生まれて初めてのマスターシリンダーのOH + 対向ピストンのキャリパーのOHです。

その前に、ステンレスメッシュホースを長さをはかって購入せねば!

この状態で、スピードメーターワイヤーを取り付けて、Fタイヤを手で回したらスピードメーターが若干動きました。

なんか嬉しいです(涙)

« エンジン フルオーバーホール RG125γ(NF13A) | トップページ | 電圧系のステー制作 リベンジ DIY »

足関係」カテゴリの記事

コメント

着々と組みあがってますね。happy01
ブレーキキャリパーやマスターシリンダーのOHは簡単な部類です。
シール類やマスターシリンダーのピストンを交換すればOKです。
キャリパーのシールが入る溝は綺麗に掃除しましょう。
結構硬いカス(アルミの錆?)が固着しているかもしれません。
私はいつも先を丸めた精密ドライバー(-)を直角に曲げて溝に当たるようにして
結構ゴリゴリやっています。
傷はつけない方がいいのですが溝に関してはあまり神経質にならなくてもいいようです。
組む時はシリコングリスかメタルラバーがあると便利です。
(私はTOKICOのラバーグリスを使っていますが、簡単には手に入りません。)
ブレーキフルードはこぼさないように!(すぐにではありませんが気付かないと塗装が剥げます。)
中古品買うとキャリパーピストンの抜き取りの方が大変です。大抵固着していますから...

それにしても雨風凌げるガレージがあるようでうらやましいです。

分解はしているんですが、まだブレーキホースを入手していないので・・・・・

そもそもブレーキは未知の領域なんで、なかなかやろうかという気がすすまないんです。


ガレージは、上からの雨は防げますが、雨が流れ込んでくるので地面はビチャビチャです(笑)

そもそも土間の倉庫に自分でコンクリートをはっただけなんで、そんなになっちゃいました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2089648/66125484

この記事へのトラックバック一覧です: ハンドル周りの部品取り付け:

« エンジン フルオーバーホール RG125γ(NF13A) | トップページ | 電圧系のステー制作 リベンジ DIY »

無料ブログはココログ