« ついにエンジン始動前日   | トップページ | 自作オイルキャッチタンク RG125γ NF13A DIY オタフク抜き VJ22A »

2016年7月18日 (月)

エンジン始動当日 まさかの   NF13A

本日の始動式には、友達が駆けつけてくれました。

何かあっても、二人いれば大丈夫なはずです!

先週からガソリンタンクには2Lのハイオクが入っています。

漏れがないことを再確認!

ガソリンタンクへ2ストオイルをペットボトルの蓋を利用し約40cc投入!

ペットボトルの蓋は規格品で、すりきり1杯が7.5ccとの事で、5杯半を目安に入れました。

プラグがない状態で約1秒のクランキングを2回行い、プラグの取り付け!

チョークを引き、いざセルを回します!

キュル、ド、ド、ド・・・・・・・

まさかの、1発始動!

考える暇もなく、いきいなりアイドリングを打ち出しました。

アイドリングが低いので、ネジで調節してとりあえず1500回転に合わせましたが、まったく上下する様子がありません。

少しアクセルを開けて3000回転まで一瞬回してみましたが、本当にスムーズです。

サイレンサーをRG200γのものを使ったので、物足りないぐらい静かです。

ただ、組み付けの時にたっぷり塗っている2STオイルのせいでしょうか、煙が多い!

せっかくチャンバー内部のカーボンを除去しておいたのに。

狭いガレージの中では長期間のアイドリングは不可能!真っ白です(笑)

とりあえず、エンジンを切って、走り出すための部品の取り付けの作業をすることにしました!

あまりに順調だったせいで。せっかくの始動式の画像を残すのを忘れました。

嬉しくて何回かエンジンをかけてみましたが、やっぱり1秒でエンジンがかかります。

なんか、怖いぐらい順調です。

部品が組み付けが終わったら、カーポートに動かして冷却水のエア抜きや水温計やサーモの確認と庭での移動を試みてみます。

ここまで、長かった日々!ついにエンジンがかかりました。

ありがとうございました!

公道デビューまであと少し!

« ついにエンジン始動前日   | トップページ | 自作オイルキャッチタンク RG125γ NF13A DIY オタフク抜き VJ22A »

レストア中」カテゴリの記事

コメント

昨日からそろそろ「始動」かな?と思ってちょこちょこ覗いていました。

取りあえずアイドリングするところまで行けましたね。

〔もしもビッキーさんが近くだったら(隣の県位までかな?)確実に見に行っています。〕

キャブの調整は走ってみてアクセルのつきを見ながら微調整ですね。

狼乗り助さん

>もしもビッキーさんが近くだったら(隣の県位までかな?)確実に見に行っています。

僕も、狼乗り助さんがお近くなら、絶対にお声をかけてお越しいただいて、直接教えていただいています(笑)


>キャブの調整は走ってみてアクセルのつきを見ながら微調整ですね。

本日5000回転まで回しましたが、今のところ順調です。
ただ、5000回転以下での走行は遅いですねぇ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2089648/66557660

この記事へのトラックバック一覧です: エンジン始動当日 まさかの   NF13A:

« ついにエンジン始動前日   | トップページ | 自作オイルキャッチタンク RG125γ NF13A DIY オタフク抜き VJ22A »

無料ブログはココログ