« 錆落としと塗装 缶スプレー ラッカー 水性 ウレタン パウダーコーティング  錆転化 | トップページ | ブレーキの組み付け VJ22A+NF13A+GSX1300R 隼  »

2016年7月 9日 (土)

パワージェットの謎の配管 TM30SS TM34SS

キャブの仮組をしていると、この配管を触ると手ごたえがおかしい!

中に異物が・・・

ホースを切り出してみると、スリーブが入っています。

これは、参った!

必要な部品だったのか・・・・・

どうしたものか困っていると狼乗りさんがバイスをしてくださいまして

このスリーブ(ジェット)は必要な物だそうです。

とりあえず、純正のホースを注文しましたが

純正が届くまでは同じ径のホースの中にスリーブを突っ込んで仮組しました。Img_5377

狼乗り助さんからのアドバイスで、このまま突っ込んだスリーブでもOKだそうです。

« 錆落としと塗装 缶スプレー ラッカー 水性 ウレタン パウダーコーティング  錆転化 | トップページ | ブレーキの組み付け VJ22A+NF13A+GSX1300R 隼  »

エンジン関係」カテゴリの記事

コメント

一応確認ですがパワージェットのホースには向きがあります。
中のジェットは元々と同じ形(方向)で押し込んでジェットがフロート側に来るようにしていますか?
(私はパワージェットホースを分解したことがありませんので中のジェットがどんな形状か分かりませんが)

狼乗り助さん

いつも、すいません。

中には、円錐形のスリーブが入っていました。

入っているほうが下側なら円錐の尖ったほうが上向きだと思います。

何も考えずにホースを外してしまって保管していたのが仇になりました(涙)

今週中には純正ホースが届くはずです。

実は本日
バッテリーの組み付け
冷却水
ミッションオイル
オイルポンプの調節
排気デバイスの調節まで行い

ガソリンタンクに2Lガソリンを入れたところで時間終了になりました。

次回、2ストオイルを少し混ぜて、少しクランキングして、プラグを取り付けたら
始動式になりました!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2089648/66428182

この記事へのトラックバック一覧です: パワージェットの謎の配管 TM30SS TM34SS:

« 錆落としと塗装 缶スプレー ラッカー 水性 ウレタン パウダーコーティング  錆転化 | トップページ | ブレーキの組み付け VJ22A+NF13A+GSX1300R 隼  »

無料ブログはココログ