« パワージェットの謎の配管 TM30SS TM34SS | トップページ | RG125γ 自作アルミ製 フェンダーレスキット グリムステー流用 »

2016年7月 9日 (土)

ブレーキの組み付け VJ22A+NF13A+GSX1300R 隼 

ついに、初めてのマスターと対向ピストンのキャリパーを組み立てをしました。

純正のブレーキキャリパーのバージョンボルトは、ピッチ1.00、マスタが1.25でしたので、何も考えずアルミのバージョンボルトを注文しておいたのですが・・・・

隼のキャリパーは、ピッチ1.25でした。急いでスクーターに乗り、バイクパーツ屋さんに購入に行きました。

組み付けを続けていると、Fマスターとタンクのホースが純正のホースのままでは長さが足りません。Rマスターの時に購入した余りのホースが長さ的に使えたのですが、ホースを止めるクリップがありません。

また、スクーターに乗り、バイクパーツ屋さんに購入に行きました。

組み付けが完了し、ついにエア抜きです。

エア抜き用の注射器を購入し、キャリパーからブレーキフルードを入れていたのですがホースが外れて・・・・・

ピューーーーーとブレーキフルードが飛び散りました。

塗装が痛むと思い、焦りました。

とにかく時間との戦いで、作業中の写真はありません。

急いでエア抜きし、全体的に水をかけて洗車して、終了!疲れきりました。

Img_5381


VJ22Aのステップを利用してバックステップにしたので、リアのホースの取り回しはこんな感じにしてみました。マスターもVJ22Aを利用しました。

Img_5380

キャリパーはフロントの赤に合わせて赤く塗りましたが純正のままです。

ステンレスホースは70センチ+バージョンがストレート+20度を注文。

純正のホースを切って、純正のホースについているブッシュ類を移植しました。

バージョンボルトはアルミのピッチ1.25と1.00です。アルミボルトの取り付けトルクは15N/mぐらいで締めました。

ステンレスホースとバージョンのフィッティングは、取り付けトルク10N/mぐらいで締めました。

こんな小さなトルクレンチを持っていないので、手ルクレンチです(笑)

※20N/mをトルクレンチで締めてみて、その力を覚えておいてそれより弱く締めました。

Img_5382

エア抜き、洗車後にRホイールを回してみたら引きずります。手で回るのですがシャーと音が鳴ります。

新品のパッドと中古のかなり程度の良いRローターを組み合わせたのですが・・・なんでだろう(・・?)走ればパッドが減っていい加減になるかな

Img_5379

フロントは、VJ22Aのステムを移植しているのでタンクの取り付け角度が悪く斜めになってしまいます。そこで、取り付けステーをペンチで曲げて対応しました。ホースも純正では長さが足りず、長くしました。

マスターはNF13Aのままです。

Img_5385

キャリパーは、GSX1300Rの隼 6Pです。

ステンレスホースは60センチ、バージョンがストレート+20度を注文。

バージョンボルトはアルミのピッチ1.25が2個です。アルミボルトの取り付けトルクは15N/mぐらいで締めました。

ステンレスホースとバージョンのフィッティングは、取り付けトルク10N/mぐらいで締めました。

もちろん手ルクレンチです(笑)

フロントのローターは、厚みが4.5ミリのアウターに、インナーはVJ22AのSP(アルミ製)に黒アルマイト+フロートピンにて組み合わせました。

パッドは、デイトナの赤パッドの新品です。

フロントは引きずりなしです。

15年前もフロントには、デイトナの赤パッドを入れていました・・・懐かしいです。

初めてのマスター+対向ピストンキャリパーの組み付けもどうにか終わりました。

明日の朝、漏れていないことを願います。

完成までもう少し!

« パワージェットの謎の配管 TM30SS TM34SS | トップページ | RG125γ 自作アルミ製 フェンダーレスキット グリムステー流用 »

足関係」カテゴリの記事

コメント

良く「キャリパーからブレーキフルードを入れるとエアを噛まない」と聞きますが

経験上あまりお勧めできません。私の場合はリザーブから勢いよく吹き出ました。

加減が難しいようです。

結局ゆっくり時間をかけて入れるなら上から入れて普通通りエア抜きするのがいいです。

狼乗り助さん

こんばんは!

僕も上から普通にすればよかったと後悔しました。

ブレーキのOHは完成のようです。
本日、液漏れは確認できませんでした。

ところで、ギアが入りにくいのですが、ギアシフトリンクの角度の取り付けにコツがあるのでしょうか?

レバーを足で上下したら変速できないのに、手なら変速できるんです

いつも、質問ばかりで申し訳ないですbearing


う~ん。リンクの角度は特に触ったことが無いので...

多分サービスマニュアルに記載があるとは思います。

VJ22のステップでバックステップ化した場合はロッドの長さを加工する必要があります。

そこの加工はしていますか?

VJ22のロッドを使うならばカットしてダイスでネジ山を作る。←私のブログに長さもあります。

NF13のロッドを使うなら長ナットで延長するかのどちらかですね。

それに合わせてリンクの取付角度を調整すればちょうどいいはずなんですが...

ただそもそもエンジンが止まった状態ではギアは入りにくいです。

狼乗り助さん

こんばんは!

>NF13のロッドを使うなら長ナットで延長するかのどちらかですね。
>それに合わせてリンクの取付角度を調整すればちょうどいいはずなんですが...
>ただそもそもエンジンが止まった状態ではギアは入りにくいです。

僕は長ナットで対応しているんですが・・・・・
エンジンが動いていないと入りにくいんですか。
エンジンがかかったら確かめることが出来るので、今週の3連休には確認したいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2089648/66428901

この記事へのトラックバック一覧です: ブレーキの組み付け VJ22A+NF13A+GSX1300R 隼 :

« パワージェットの謎の配管 TM30SS TM34SS | トップページ | RG125γ 自作アルミ製 フェンダーレスキット グリムステー流用 »

無料ブログはココログ