« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月12日 (金)

洗車グッツ フルカウル ABS樹脂 ワックス

Img_5438


実は、車の洗車が趣味です。車体がきれいなのも好きですが、水弾きはもっと好きなんですよね。

せっかく自家塗装+コンパウンドでしっかり磨き込んだので、この状態を少しでも長く持たせれるようにワックスを塗りました。

ガンマ君は、タンク以外ABS樹脂なので、車のワックスをそのまま使ってもよい物か悩んで・・・・

値段的に無難なこれを使っています。

以前車の金属部の塗装部のみ対応のコーティング剤を塗装してあるプラスティックの部分に塗布したら、塗装がパリパリと剥がれてしまった苦い経験があるので、たぶん皆さんが読まないであろうパッケージの注意書きまで読むようにしています。

車用のワックス等は、金属塗装部のみ対応の物が多いんですよね。

今回のワックスは、上記の画像のようになるので、効果はまあまあだと思います。

車のように雨の日には乗らないし、カバーをかけて保管しているので車より洗車の回数も少ないと思います。

Img_5380


わかり難いと思いますが、

紛体塗装の車体・スイングアーム・前後ホイールは

これを塗ってから組み込んでいます。

このコーティング剤は、車の洗車で使っていますが、マジでお勧めです!

今まで使ったどのコーティングよりも、しっかり水を弾いてくれます。

2液を混ぜて反応させてから塗るので、この大型車用を購入して化粧品用の小さなボルトで小分けにして何回かに分けて使っています。今回は、車ではなくバイク、しかも車体の一部だけに塗ったので、本当に少しで足りました。

実は、以前車で使ったワコーズも検討したのですが

この商品、汚れ落としの能力が凄いのです・・・・ちょっと洗浄能力が凄過ぎて、ゴムの黒い汚れが周りに延びて逆に汚れてしまうことになる可能性があります。軽トラの白いボディーに施工した時に、黒いゴムの汚れが伸びてしまい、取るのに苦労しました。

水ではまったく取れず、こすってもぜんぜん取れず、ブレーキクリーナーでやっと取れました。それぐらい洗浄能力が高いです。ゴムの部品が無いならこれを使っていたと思います。今回ゴムパーツが多いので、古い部品のゴムの汚れが伸びる事を恐れてやめときました。

インターコム ウォークマン 防犯グッツ バイクカバー

先日近所のバイクパーツ屋さんでテントセールしていて激安購入したフルフェイス!

走りながら電話を受けたり音楽を聴けるように、インターコムなる便利グッツを購入しました。

当時は、こんなパーツ無かったなぁ

パーツ屋さんで見たのですが高いのと安いのとで違いがわからないので、とりあえず安物をアマゾンで購入。

フルフェイスへの取り付けは両面テープを利用しました。

マイクは、左のホホのクッションの中に埋め込んでみました。

携帯とのBluetooth接続も簡単でした。全部で30分ほどでした。

早速ヘルメットをかぶって、知り合いに試しに電話してみましたが、先方曰く通常の電話と違いはないそうです。

※走行中に未だ電話が鳴らないので風切音等の確認は出来ていません。

手持ちのウォークマンはBluetoothがついていないので、

これを購入してBluetooth接続!この商品は、当たりですね!これを利用したらラジオも聴けます。

走りながら音楽を聴いてみたのですが・・・・マフラーがうるさ過ぎて、微妙な感じです。

インターコムには、同時に無線機のようにツーリング仲間と話が出来るそうですが、その機能を使うようなるのはいつの事やら・・・・・・・・・

出先でのちょっとした駐車用に、ディスクロックを購入。

どこで購入したか覚えていませんが・・・・こんな感じのやつです。

ただ、RGV250SPのアルミのFディスクはインナーとアウターとの隙間がノーマルに比べて狭く、10ミリの棒ではギリギリです。こいつはRシート下の中にしまっています。

自宅の保管では

この2つで防御しているのですが、カバーでか過ぎました。

ブカブカです。サイズのチョイスをミスりました。

あと、

バイクに近づくとライトがつくようにこのセンサーライトを設置!

ソーラーパネルなので電源不要で、両面テープで固定してしています!

右と左の違いは、

左は3つのモードから選べるので、夜になり人が近づくとパッとライトがつきます。通常は消えています。

右は夜になると、うっすら点灯!、人が近づくとパッとライトがつきます。

バイクの真上には左の物!

バイクの手前側には右の物をつけています。

うちはカーポートが縦に車3台停めれるようになっています。

車、バイク、車の順序で駐車しています。

色々試したのですが、手前にうっすらでもライトがついていると、目に明かりが入り、奥が見えにくくなります。

逆に、バイクの上に右側を付けてしますと夜になるとうっすらライトがついてしまいますので、下にあるバイクが夜中でも丸見えです(笑)

ならし運転 100→400キロ NF13A

暑すぎて昼間は乗れないので、仕事から帰宅し夜な夜な近所を走って距離を稼いでいますが、全然距離が稼げません(涙)

100~150キロが6500回転

150~200キロが7000回転

250~300キロが7500回転

250キロ時点でプラグを確認したら、良さそうな色です。

Img_5546

300~350キロ8000回転

なかなか距離が進まないので、50キロ毎に1000回転上げる事に・・・・・もしもの為に2STオイルをちょっとガソリンタンクへ入れました。

350~400キロ9000回転

400~ 現在10000回転まで使っています。

7000回転から力が出てきて、9000回転をこえると音が変わって2STっぽい加速をしてくれますが、

昔のイメージではもっと加速をしていたような気がしています。

当時は10代で、このマシーンしかしらなかったので、そう感じていたのでしょうか?

もしかして、レストア中に、当時の記憶が美化されてしまったのでしょうか?

または、当時どノーマルだと思い込んでいただけで

買い戻した時に装着してあったこのCDIが

Img_3794


実は、私が乗っていた時から装着してあったのでしょうか?

※当時中古で購入して、自家塗装以外は自分では何もしていません。

このCDIに変えたら、激変・・・・するわけないかな。

たぶん自爆するだけだと思います。

ユーチューブでRG125γの加速の動画を見たのですが、同じぐらいに加速していたので・・・・たぶん、これが当時の加速なのだと思います。

たぶん、あれから15年運転しているので、加速やスピードに知らずのうちに慣れてしまったのでしょう。

とりあえず、今のままどノーマルで慣らしを終えて、早くチャンバーを入れたいです。

ちなみに走っている時の水温計は、まだ日が出ていて汗が出るぐらいなら真ん中、日が落ちて走っている気持ち良いぐらいの気温になると真ん中より5ミリほど下をキープしていて、信号待ちでちょっと長く止まると真ん中より1センチほど上を針が指します。

2016年8月 1日 (月)

エンジンならし運転 0~100キロ報告 ステッカー+デカール

ついに慣らしが100キロをこえました。

距離50キロまでが 5500回転上限

50キロから100キロの現在は6000回転まで使っています。

予定では100キロ毎に1000回転上げていってなんですが。

Dsc_0214


外装では、ついにアンダーカウルを装着して、ステッカーを貼ってみました!

慣らし運転のついでに、バイクのパーツ屋さんやオートバックス等をステッカーを探しにハシゴしています。

いつかはガンマ乗りと話をしてみたいと思っていますが、100キロ現在未だガンマ乗りとはすれ違ってもいません。

Dsc_0215


純正のデカールは廃盤で、どうしようか悩んでいたので、RGγのステッカーを見つけた時は、ガッツポーズでした!

確かSAPCだったと思い先走って貼ったステッカーでしたが、RG125γはAETC・・・・・・

これは、RGV250γのシステム名みたいですね。アンダーカウル下に貼ってしまっているのですが、剥がそうかな。

結局純正流用ばかりしているので、使ってないメーカーのステッカーを貼るのも嫌なんで

あとブリヂストンのステッカーを見つけて貼ったらもう貼るステッカー無くなっちゃうんですよね。

ただ、ブリヂストンのステッカーは売ってないですね。ネットで探すしかないかな・・・・

Dsc_0216

トップブリッジには、スズキのアルミのステッカーを貼ってみました。

(距離100キロまで走ってみて!)

Fブレーキが鬼のように効きます!かといってロックするような固さではなく、ぐっと握っただけ後で効くような感覚です。当初の予定では、純正マスター+6Pの組みまわせを見てマスターをラジアルに変更予定でしたが、今のままで十分のような気がします。

足も、軟らかめに設定したままなのでめちゃくちゃしなやかです。すごく乗り心地が良いです。

エンジンは、6000回転までですのでパワー間は皆無です。通勤の足のスページー125のほうがよっぽど走ります。

今から回りだそうかというところでシフトチェンジするので、イライラします。

そして現在までノントラブルです。

ただ、先日ガス欠のような症状が出て、コックをリザーブにすると復活。最寄りのスタンドで給油すると8L入りました。8L減ってリザーブって、そんなものなのでしょうか?

100キロを超えましたので、ガソリンタンクへ少し入れていた2ストオイルの添加は終わりにしました。

未だに自作オイルキャッチタンクにオタフクが入った感じはしません。

6000回転の100キロ程度では貯まらないのでしょうね。

最近では始動時以外煙がほとんどでなくなりました。

置き場がガレージからカーポートへ変更になったので、防犯の為にディスクロックとバイクのカバーも購入しました。

フロントブレーキにはディスクロック。

リアホイールには鎖に南京錠のWロック体制です。

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

無料ブログはココログ