« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月30日 (日)

初めてのツーリング セッティングの調子

本日、会社の先輩がツーリングに連れて行ってくれました。

バイクでの集団による長距離ドライブは2回目です。

1回目は、たぶん15年ほど前??学生の頃に1度だけ。たしか、1968年のヤマハYA7で行ったんだと思います。

今回は原付4ストミニ中心の6台で1日で280キロの走行でした。

2ストミニは私だけで、もちろん最後尾(笑)

ツーリング慣れしている方々と混じっての走行だったので、安心して走ることが出来ました。

信号で別れても、その先の安全地帯で待ってくれていたり、こまめに休憩してくれたり、大人のツーリングを満喫してきました。

いつかのツーリングの為のタンクバックを購入していましたが、すこぶる便利ですね。

現在のセッティングでも、問題なく280キロを走破出来ました。

ただ、下がやっぱり少し力が無いのはちょっと乗りにくいですね。

その代わり、パワーバンドに入ったら加速も音も気持ちよいです。

6速を使うことがほとんど無かったので、Fのスプロケを1個小さくしてみようと思います。

Img_5629s

本日は、久しぶりの晴天!

途中途中でバイクの集団に沢山すれ違いました。

休憩する道の駅でも、いっぱいバイクが居ます。

道の駅に入るときに、休憩しているライダーの一部がこっちを見ているのは、運転に自信がない私は緊張します。

もちろん、私も休憩中は入ってくるバイクを見ているので、お互い様なのしょうが。

途中の休憩でVJ22A乗りの方が話しかけてくれて、少しガンマ話しをしました。

排気量は違えど同じガンマ乗りでお互いに感じる物がありますね(笑)

早く狼乗り助さんやBlackWolf125さんやNF13A乗りの皆さんと交流がしたいと思います。

それにしても、朝から夕方までバイクに乗りっぱなしはケツが痛いです。

2016年10月29日 (土)

セッティンング その2の報告 TM34SS 

先日変更したジェット類!

メインジェット 350

筒 0-8 

パイロット 27.5 

パワージェット 60

PAJ 1.1 

MAJ 1.5 

針 6GH8-55 

本日明るい時に少しだけ時間が出来たので、プラグを外してみました。

Img_5628


けっこう薄くなっている感じです。

以前のプラグ

Img_5613


ソレノイドの穴を塞ぎ忘れている状態(たぶん空気が多いので薄い)時でもこれでした。

この時のジェットは、

メインジェット 350

筒 P-6

パイロット 27.5

パワージェット 60

PAJ 1.1

MAJ 0.8

です。

メインジェットは同じでも、ここまで変わるんですね。

現在の走った感じは、下がまだ物足りない感じです。

本日は出かける予定があり、その道中にこのバイクの加工類をお願いしている信頼満点のお店があるので、別件の加工の相談を兼ねて行ってきました。

私はこのバイクしか知らないので、加速が良いのか悪いのか、上は良く回るとおもっているだけで、世間一般では実は全然回っていないとか、不安だらけだったんですね。

ご親切にも試乗をして頂き、色々アドバイスを頂きました。

今は下がスカスカだけど、キャブも大きいし、チャンバーの特性もあるが、もう少し詰めてみる余地あり。ただ全体的にはセッティングもそこそこ出ていて、9000回転から上はよく回るという事です。

一安心しました。

しかも、足回りはポジションも良く、乗りやすいと、ほめていただきました。

Fショック RGV250ΓSP(オイル等かなり軟らかめのセッティング)

Rショック RS250アプリリア

2016年10月27日 (木)

セッティング その2 TM34SS アプリリアRS250のキャブ

本日、時間が少しあったので仕事の後にキャブのセッティングを大きく変えました。

RS250のノーマルセッティングをメインとした方向にしました。

メインジェット 350 → 350 (そのまま)

筒 P-6 → 0-8 (薄く)

パイロット 27.5 → 27.5 (そのまま)

パワージェット 60 → 60 (そのまま)

PAJ 1.1 → 1.1 (そのまま)

MAJ 0.8 → 1.5 (薄くなる)

針 6FL81-55 → 6GH8-55 (数字の意味を教えてください 薄い? 濃い?)

もう慣れてきて、30分もあればジェット類を交換できるようになりました。

予想では、全体的に薄くなっていると思います。

エンジンは、一発で始動!

ゆっくり15分ほど走っていると、アイドリングが高めに!

3000回転から1500回転へ調節してから、いざ全開へ!

おおおおおーーーーー!

乗りやすい!

ギクシャクや谷がほとんど消えています。

アクセルレスポンスも良好です!

ただ、8000回転からの加速が悪い!

しっかり14000回転まで回るのですが、今までのほうがいっきに回ります。

今までは荒々しく回る感じ。

今のセッティングは、マイルド。優等生な感じです。

同じ350のメインジェットでも、変わるもんですね!

MAJが0.8→1.5の影響ですか??

全体的に乗りやすいです。

これを、スタートとして、あの高回転の荒々しさを目指してトライ&エラーを繰り返してセッティングしていこうと思います。

2016年10月21日 (金)

やっと本格的にセッティングが始まりました

仕事が早く終わって・・・・といっても外は真っ暗です。

塞ぎ忘れていたソレノイドの配管を塞ぎ、試乗しました。

メインジェット 350

筒 P-6

パイロット 27.5

パワージェット 60

PAJ 1.1

MAJ 0.8

エンジンは1発でかかり、アイドリングも普通です。

水温も上がり、アクセルを開けると、

2テンポ程遅れていたレスポンスもかなり改善されました。

でも、まだアクセルレスポンスが悪いような感じです。

7000回転以下は、モソーと加速する感じです。

これが、巷で言うところの息継ぎなんですかね?

噂のモモンガ??

ただ、キャブが大きくなってしたがスカスカなだけ??

でも、そのモソーとのおかげで

8000回転からの加速は段違いに感じます。

いっきいに14000回転まで回ってしまいます。

もしかして、薄すぎる?

濃いか薄いかわからないので、

次回はいっきにMJを400まで上げてどうなるかを見てみようと思います。

今のセッティングでは、たぶん長距離は疲れます。

8000~14000回転のみの走行は辛すぎる感じです。

セッティングは難しいです!

2016年10月16日 (日)

TM34キャブ 詳細を確認していて・・・・下手こいたぁーーー

TM34SSを何も考えずに装着して、失敗してました!

雨でセッティングを中止し、もう一つの予備のキャブを見ながら失敗に気が付きました!

ソレノイドの配管を1つ塞ぎ忘れていました。

それで、7000回転前後で谷が出ていたんですかね・・・。

も一度、しっかり確認する事にしました。

Tm34


TM34SSには、PAJなる物がついていて、NF13Aにあるエアスクリューがありません。

これで、アイドリング付近を調節するそうです。

Naka

中はこんな感じです。

PAJとMAJは同じもののようなので、どっちにも使えそうです。

Img_5626j

左側がPAJとMAJ

右側がPJ

Img_5625h

これが私の手持ちの最小と最大のメインジェット

左が185番

右が450番

Img_5627

これが、ニードルジェット。

通称、筒と呼ばれているようです。

左から、0-8 → P-0 → P-2 → P-3

穴が何個か開いています。

0-8が薄くて

P-0から数字が大きくなるほうが濃くなるそうです。

(手持ちの一番濃いP-6は車体に組み込み中)

P-6以上は、どのように注文するのでしょうか????

(ソレノイド)
TM34SS(アプリリアRS250)には、ソレノイドなる電子制御の部品がついているのですが、それはNF13Aではついていないので、もちろん使えないので殺しておきます。

それをソレノイド2のほうを塞ぎ忘れていました。

ソレノイドの配管の接続へ息を入れて、繋がりを確認してみました。

Sore
ソレノイドのほうは、PAJに繋がっているようです。

Sore2

こちらは、MAJに繋がっています。

こちらを塞ぎ忘れていました。

あやうく、エンジンを壊すところでした。

Jet


これが、私が調べた限りのノーマルのセッティングデーターです。

初めてのセッティング TM34SS

生まれて初めてのセッティングをしました。

そのためにパーツを組み込みます。

NSR250リードバルブ + NF13Aマニホールド

Img_5577

この白いプラスチックのパーツ、ホンダのRS250のパーツが出ているとの話で将来それに変更しようと、生かすことにしました。
NF13Aのマニホールドの出っ張りは切っておきました。

Img_5578

Img_5579

Img_5580

段差を削っておきました。

キャブ TM34SS

オイルニップルには強制的に注射器でオイルを注入

Img_5608

事前にホースとニップルにオイルを入れておきました

エアクリBOX 穴2個追加

Img_5609

心配していた純正のオイルホースもそのまま装着可能でした

Img_5610


さあセッティング開始です!

<最初の状態>

メインジェット 400

筒 P-3

パイロット 27.5

パワージェット 60

PAJ 1.1

MAJ 0.8 から始めます。

セルを回すと、一発でエンジンがかかりました。

アイドリングが6000回転なのでアイドリュスクリューを回して1500回転まで下げます。

緊張の走り出し・・・・あらららら・・・・・・普通に走ります。

近所を少し走り、水温が上がったのでアクセルを回すと・・・・・・

7000回転以上回りません。

帰宅しプラグを見ると

Img_5611


濃いと判断。

<2回目>

メインジェットを350番まで下げます。

メインジェット 350

筒 P-3

パイロット 27.5

パワージェット 60

PAJ 1.1

MAJ 0.8

すると、うぉーーーーーーーー14000回転まで回る!

すげーーーーーー

でも、6000~8000回転の谷がすごい!

ぐおーーーーと6000回転まで回って、一瞬止まって一気に14000回転まで回ります。

一瞬の落ち込み、は薄い?

<3回目>

筒をP-6にします

メインジェット 350

筒 P-6

パイロット 27.5

パワージェット 60

PAJ 1.1

MAJ 0.8

とりあえず14000回転まで回るようにはなりましたが、つながりが全然スムーズではありません。

7000回転以下がランダムに息継ぎが出てきます。

薄いのかな??

Img_5613


まだ、濃いような気がします。

キャブ、難しい・・・・・・

雨で、ここで中止になりました。

2016年10月 1日 (土)

キャブセッティング 下準備 ジェット類

来週からセッティングを開始しようと思います。

先月すでにジェット類を揃えていたので、それを箱に収めました。

Img_5575


メインジェットは、185~450番まで頑張って買いました。

Img_5576


これは、中古の部品箱。

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

無料ブログはココログ