« CBR250R(MC41) オーリンズRショック HO123 | トップページ | フレーム加工 2ストオイルタンク流用 クーラントタンク流用 »

2017年5月14日 (日)

Sシートカウルステー製作 溶接 NF13A RG125ΓNSF100  

フレームに部品を固定する為の準備をコツコツします。

まず、テールランプから探しました。

採用したのは、この安いテールランプです。

Img_8424

使用するのは、ライト部分のみですので、ステーから分解します。

Img_8425


右が自作のステーです。取り付け部の角度をフレームの角度に合わせました。

Img_8429


取り付けは、こんな感じになる予定です。

取り付け方法は、整備の事を考えて溶接やリベットではなくボルトにします。

ナンバーや反射板と第二種のステッカーの取り付けステーも製作しました。

Img_8426

これは、ナンバーと一緒にボルト止めです。

近いうちに塗装しないと・・・・・・

このままの勢いで、Sカウルの取り付けステーをフレームに溶接します。

Img_8430


溶接は、ほぼ素人。

この作業の為にわざわざ新規に溶接機を購入しました。

使用したのは、

このスズキットのインバーターの物です。

溶接棒と面も用意しときました。

初めての自宅での溶接は緊張しましたが、思いのほかすんなり出来ました。

ついでに、先日リベットで取り付けた板も点付けしときました。

Img_8431

ネジで左右前後に調節できるようにしました。

ここに、Sカウルをネジで固定する予定です。

溶接の出来は見ないでください(笑)

とりあえず、しっかりはついていると思います。

上記の溶接棒と溶接機の組み合わせ、思いのほか使いやすかったです。

本日はここまでです。

« CBR250R(MC41) オーリンズRショック HO123 | トップページ | フレーム加工 2ストオイルタンク流用 クーラントタンク流用 »

新ウルフ レストア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2089648/70564936

この記事へのトラックバック一覧です: Sシートカウルステー製作 溶接 NF13A RG125ΓNSF100  :

« CBR250R(MC41) オーリンズRショック HO123 | トップページ | フレーム加工 2ストオイルタンク流用 クーラントタンク流用 »

無料ブログはココログ