« 倒立化 125ウルフ RG125ガンマ | トップページ | Rフレーム加工 2STオイルタンク流用 RGV250ガンマ VJ22A »

2017年8月27日 (日)

4Lモンキー Fフォーク OH前準備 

純正フォークのアウターも色を塗るので、ばらします。

あっという間にバラバラになります。

モンキー構造簡単ですね(笑)

Img_8461


アウターは錆びているので、簡単にショットブラストをかけて、取りきらなかった錆は添加剤を塗ります。

Img_8454

この添加剤、本当に黒くなりますね!

フォークの中もよく見ると錆びています。

Img_8457


せっかくなので、中も綺麗にします。

Img_8455




ブレーキキャリパー用の砥石をエアーホースのチューブで延長して、それを電気ドリルに取り付けてフォークの中が光るまでゴシゴシします。

Img_8458


それなりにピカピカになりました。

今回塗装はラッカーをベースにクリアだけウレタンの予定です。

塗装がやり易いように、塗装台を製作します。

Img_8459


ベースに使っているMDFの板も丸い木も100円ショップで入手しました。丸い木はホームセンターで揃えたら数百円するんですが、100円ショップのゴマすりの棒を半分に切ってで代用。

無水エタノールでしっかり油分を落とします。パーツクリーナーの中身が無水エタノールとの噂を聞いて以来、塗装前のふき取りはこれを使ています。

ミッチャクロンで下処理をして、缶のラッカー系のプラサフを吹いて、とりあえずの作業は終了!

Img_8499

« 倒立化 125ウルフ RG125ガンマ | トップページ | Rフレーム加工 2STオイルタンク流用 RGV250ガンマ VJ22A »

4L モンキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2089648/71541115

この記事へのトラックバック一覧です: 4Lモンキー Fフォーク OH前準備 :

« 倒立化 125ウルフ RG125ガンマ | トップページ | Rフレーム加工 2STオイルタンク流用 RGV250ガンマ VJ22A »

無料ブログはココログ