4L モンキー

2018年1月 8日 (月)

4L モンキー 8インチ Fホイール+キャリパー Rホイール

仮組しているF足にホイールをしっかり位置を合わせます。

センター位置を合わすのに左右のカラーをご近所の猛者の方に製作して頂いたりしたおかげで、ばっちりになりました。

キャリパーがホイールに干渉しているので

Img_8832


グラインダーで

Img_8842


干渉位置をグラインダーで落としました。

Img_8843


ブレーキは、クリーナー等でラッカー塗料では心もとないので、2液ウレタンを少量作って

Img_8848

筆差ししました。

Img_8844


使用済みのシンナーをペットボトルに溜めているのですが、ここの窪みで筆を洗います。

Img_8834


リアホイールを装着しようとしたのですが、ブレーキの回り止め?が入りません。

Img_8836


手ヤスリで削り過ぎないように加工します。

Img_8838


どうにかホイールは着いたのですが、スイングアームの精度悪いですね・・・・

チェーン張れるかな???

4L モンキー タンク + 外装 塗装 レストア 

タンクに大きなヘコみがあるので、パテ埋め+塗装を行いました。

Img_8550


まずは、ステッカーを剥がします。

Img_8551


ここからは、最近入手した新兵器です。

Img_8552

これ、仕事がメチャクチャ早いです。

もっと早く買っておけばよかったです。手の紙やすりの100倍速い感じです。

Img_8553


ヘコミには

2液のポリパテ → 削って → 最後の仕上げは薄付けパテ → 紙やすり

Img_8601


ヘコミは素人が100パーセント取るのは無理ですね・・・かなりパテと紙やすりを繰り返したのですが、光に透かしたら残りますのね。

Img_8604


パテは、破れたビニール手袋の残った指の部分を取っておいて利用して塗っています。

Img_8606


錆が残っていそうな所には、念の為に錆添加剤を塗っておきました。

Img_8607

綺麗に脱脂して、マスキングをして、プラサフの前に、ミッチャックロンを塗ります。

液のタイプも持っているのですが、これは缶が使いやすいです。

Img_8608


垂れるぐらいたっぷり塗りました。てか、思いっきり垂れています。どうせ、この後研ぐので関係なしです。

今回は、2液のプラサフではなく

缶のタイプを使いました。

Img_8609


その他の外装も同じように、下処理+プラサフの作業を行います。

プラサフを乾かして 1500番の紙やすりで水研ぎで表面をツルツルします。

しっかり乾かして、マスキングをやり直して、色塗りです!

今回は、プラモデル用のラッカー塗料を0.5ミリのエアースプレーで塗りました。

0.5ミリの口径のエアースプレーだと、タンクは少しきついですね。

ライトステー、タンク、サイドカバー×2個を塗ったのですが

このサイズのミスターカラーの塗料が2個の合計400円弱で塗り終わりました。

Img_8794

ここは垂らすわけにいかないので最新の注意で塗りました。

Img_8793


垂れた所は、紙やすりで空研ぎして、納得できるまで何回もやり直します。

ラッカー系の塗料は、重ね塗りが時間がたっても出来る所ですね。

ウレタンは、色塗りからクリアまで1日で仕上げるか、時間がたってから重ねるときはしっかり足付けが必要との事ですが、ラッカーは日が経っても塗れるので、寝る前に少しづつ作業を進める事が出来ました。

Img_8795


寒いので、電気ストーブで温めながら進めました。

Img_8808


納得が出来る色塗りが出来たら

Img_8809

ステッカーを貼ります。

その後、最後のクリアです。クリアは、2液のウレタンを利用しました。

ラッカー系の塗料の上にウレタンのクリアを塗る場合は、下のラッカー塗料を溶かさないように注意が必要との事です。

私は、ラッカーの最後の塗装からウレタンクリアまで1週間は期間を空けるようにしています。

そして、ウレタンクリアの一番最初はうすら遠くから吹く、砂吹きを行っています。

Img_8831

遠くから塗料を吹くので、表面が砂地になります。

ここから30分程時間を空けてから、様子を見ながらクリアを何回も塗って厚くしていきます。

Img_8845


完成画像です。

しっかり艶も出たと思います。

今回、0.5ミリのスプレーガンではなかなか厚塗りできなかったので

アマゾンで買った、0.8ミリの2000円程の物を使ってみたのですが、・・・・垂らしてしまいました。クリアは最悪研げば良いので、垂れるぐらいが艶が出ますね。

これよりは、0.5ミリのタミヤのエアースプレーの方が失敗は少ないかと思います。

Img_8851



塗装前の画像が無いのですが、将来社外品のキャブを入れた時にガソリンコックとの干渉が無いように、純正のガソリンコックの穴を埋めて、前側に移動してもらいました。

このネジが曲者で、なかなか売っていません。M12のピッチ1.0でした。

ステンレスのネジを見つけて、真ん中に穴を開けてもらって使いました。

Img_8849


ウィンカー取り付けステーも、純正のような腕を作ってもらいました。

外装が完成しました。

2018年1月 6日 (土)

FとRの足回り仮組 4Lモンキー KYBガスショック

こちらもボチボチ進めているモンキーのレストアです。

ノーマルの足回りと思っていましたが、御近所の猛者の皆様の協力で、どんどん進化していきました。

Img_8640


前後8インチホイールに、

チューブレスDURO 8インチタイヤを、御近所の猛者の皆様にご協力頂き手組して頂きました。

Fフォークも

Img_8642_2

純正から社外正立フォーク+アルミステム


Img_8681

御近所の猛者の方の味付け。

Img_8716


社外のアルミステム・・・・機械加工の仕上げが悪いので手直しが必要でした。

Img_8724


クルクルハンドルを付けようにも穴ピッチが合っていなくて、穴を拡大しました。

 

Img_8610


5センチロングのスイングアームの元々付いていたゴムブッシュを外して、

Img_8635

ニードルベアリングに打ち換え

それに合わして、KYBの280ミリガスショックを購入!

御近所の猛者の方からのアドバイス

分解して

Img_8744

BMWのショックと同じシリコンシートとステンレスにてワッパを製作

Img_8777

これも、御近所の猛者の方にニードル化してもらいました。

Img_8816


車体にスイングアームとショックを取り付けるとなんと干渉・・・・・・

Img_8819

しかたがないので

Img_8820

グラインダーで削りました。

Img_8822


ラッカーの黒を筆差し

Img_8824


これで、やっとRは組み付けまで来ました。

Img_8825


フロント周りも仮組み出来ました。

純正のクルクルハンドルも無事装着できました。

Img_8726


純正のメッキフェンダーは表もポツポツ錆びていますが、裏はもっと凄い事に・・・・・

いつものサビキラーで

Img_8826


裏の錆は止めておきました。

Img_8827


表はバフと青棒でとりあえず磨いておきました、

Fは、社外正立フォーク+アルミステム+2.75J8インチホイール+特別味付け

Rは、5センチロングスイングアーム+KYB280ミリガスショック+3.5J8インチホイール+特別味付けとなりました。

2017年8月27日 (日)

4Lモンキー Fフォーク OH前準備 

純正フォークのアウターも色を塗るので、ばらします。

あっという間にバラバラになります。

モンキー構造簡単ですね(笑)

Img_8461


アウターは錆びているので、簡単にショットブラストをかけて、取りきらなかった錆は添加剤を塗ります。

Img_8454

この添加剤、本当に黒くなりますね!

フォークの中もよく見ると錆びています。

Img_8457


せっかくなので、中も綺麗にします。

Img_8455




ブレーキキャリパー用の砥石をエアーホースのチューブで延長して、それを電気ドリルに取り付けてフォークの中が光るまでゴシゴシします。

Img_8458


それなりにピカピカになりました。

今回塗装はラッカーをベースにクリアだけウレタンの予定です。

塗装がやり易いように、塗装台を製作します。

Img_8459


ベースに使っているMDFの板も丸い木も100円ショップで入手しました。丸い木はホームセンターで揃えたら数百円するんですが、100円ショップのゴマすりの棒を半分に切ってで代用。

無水エタノールでしっかり油分を落とします。パーツクリーナーの中身が無水エタノールとの噂を聞いて以来、塗装前のふき取りはこれを使ています。

ミッチャクロンで下処理をして、缶のラッカー系のプラサフを吹いて、とりあえずの作業は終了!

Img_8499

ガソリンタンク 錆転化 タンククリーナー 花咲かG モンキー 4L

増車したモンキーのタンクの塗装前の下準備として錆取りを行いました。

まずは、ガソリンを携行缶へ移してそのまま2日程放置しました。

その後、中と全体をしっかり洗って、タンク裏側の錆をワイヤーブラシで落としてから錆添加剤入りのシルバー塗装で転化+下処理しました。裏側は見えないのでこのシルバーのままの予定です。

Img_8452

最初は、真っ赤に錆さびでした。


表側は、錆添加剤のみで錆を封鎖!

今回は、これを利用しました。

初めて使ったのですが、すぐに赤錆が黒く変色していかにも転化していますって良い具合です。

Img_8451


いつもの花咲かGです。

ママレモンを2滴ほどタンク内に入れて、水でしっかり洗います。

次に熱湯を入れて、しっかり回し洗います。

やっと、花咲かGを投入です。

花咲かGを500CCほど入れて、熱湯をタンクの入り口ギリギリまで入れて3日間放置です。

3日後に中の液をバケツに出します。

その後、水でタンク内をしっかり洗って水を排出。

最後に残しておいた花咲かGの原液を500CC入れて中をリンスしその原液も排出。

これらの液は、まだまだ使えるのでペットボトルに入れて保管しときます。

Img_8464

黒い3本のペットボトルは、タンクの中で3日間使った物です。

右の容器は、リンスで使ったものです。

このように保存しておくと便利です。錆が多い時は、ペットボトルに移す前にコーヒーのフィルターで大きな錆を取り除いてから保管するようにしています。

最後に、タンクを乾かします。

私は、ドライヤーの冷風で30分以上かけて乾燥させます。

Img_8462_2


以前熱風で乾かしたらすぐに錆が浮いてきて、再度錆とりをする羽目になってしましました。

冷風がおすすめです。

今回は錆が少しなので、コーティングは省きます。

この後、パテ埋め等の予定です。

RGV250 タンク 錆取り タンクライナー  

RG125ガンマ タンクライナー

RG125ガンマ 花咲かG

どうなってしまっているのか・・・・増車  ホンダ 4Lモンキー

会社の先輩が見知らぬモンキーに乗っていました。

どうしたんですかから・・・・・売ってあげようか?との事になり・・・・・買っちゃいました。

Img_8490


とりあえず、外装をばらすために自作ウッド作業台を製作しました。

無料ブログはココログ