新ウルフ レストア

2017年5月14日 (日)

Sシートカウルステー製作 溶接 NF13A RG125ΓNSF100  

フレームに部品を固定する為の準備をコツコツします。

まず、テールランプから探しました。

採用したのは、この安いテールランプです。

Img_8424

使用するのは、ライト部分のみですので、ステーから分解します。

Img_8425


右が自作のステーです。取り付け部の角度をフレームの角度に合わせました。

Img_8429


取り付けは、こんな感じになる予定です。

取り付け方法は、整備の事を考えて溶接やリベットではなくボルトにします。

ナンバーや反射板と第二種のステッカーの取り付けステーも製作しました。

Img_8426

これは、ナンバーと一緒にボルト止めです。

近いうちに塗装しないと・・・・・・

このままの勢いで、Sカウルの取り付けステーをフレームに溶接します。

Img_8430


溶接は、ほぼ素人。

この作業の為にわざわざ新規に溶接機を購入しました。

使用したのは、

このスズキットのインバーターの物です。

溶接棒と面も用意しときました。

初めての自宅での溶接は緊張しましたが、思いのほかすんなり出来ました。

ついでに、先日リベットで取り付けた板も点付けしときました。

Img_8431

ネジで左右前後に調節できるようにしました。

ここに、Sカウルをネジで固定する予定です。

溶接の出来は見ないでください(笑)

とりあえず、しっかりはついていると思います。

上記の溶接棒と溶接機の組み合わせ、思いのほか使いやすかったです。

本日はここまでです。

2017年5月 4日 (木)

Sシートカウルステー製作 フレームカット NF13A RG125ΓNSF100  

新ウルフにRカウルを考えた時に、家に残っている純正のカウルはどれも爪が折れています。

中古の程度の良い物が入手出来る可能性は皆無かと思います。

そこで、思い切ってNS100FのRシートを購入してしまいました。

仮合わせするとやっぱり全然つきません。

Img_8354

思い切ってシートフレームの一部をカットしました。

Img_8364


さよならフレーム・・・・もう後戻りは出来ません(汗)

Img_8361


当たるところのフレームを切って、それに合わせてシートカウルを削って・・・・

Img_8362

FRPのSシートのカットは、家にあったジグソーでを使いました。

刃は、木工用合板・プラスチック用を別途購入しましたが、普通にカット出来ました。

カットの後は、鉄工ヤスリで微調節を行いました。

Img_8363


シートの中にフレームがとりあえずどうにか収まるようになりました。

センター出しのサイレンサーも考えましたが・・・・自分の力量では諦めました。

物差しを使って隙間を計測します。

それを元に図面を書いて鉄板を用意しました。

この鉄板を12トンプレスに冶具を取り付けてフレームに合わせて曲げます。

Img_8376

位置を何回も調節して、大体のところでフレームに固定します。

固定には溶接を考えていますが、いきなり溶接する自信がないので

リベットで仮止めしてからその補強として溶接する予定です。

Img_8375


ボール盤で穴を開けてそれに合わせてフレームにも穴を開けてリベットで固定!

どうせ溶接するので、穴の位置はかなり適当です。

Img_8377


かなりしっかり固定できているのですが、振動を考えるとリベットだけではやっぱり不安です。後日溶接しなければ・・・

Img_8379


とりあえず、ざっくりですがSシートの位置決めが終わりました。今後、テールランプの固定やナンバーステー等もこの鉄板に追加する予定です。

Img_8378

お尻が痛くならないように、純正のシートを使える様にしたために・・・・Sカウルの固定が複雑になってしまいました。

つづく

2017年4月 3日 (月)

ガソリンタンク錆取り + コーティング タンクライナー 2台同時施工 RG125 RGV250ガンマ

125ウルフとRGV250Γの2つのガソリンタンクの内部コーティングをまとめてコーティングしました。

まずは、コーティング前にいつものタンクの錆取り

花咲かGにてタンク内の錆を落としておきました。

ここからが、コーティングの本番です!

コーティングは、いつものこれを使いました。

説明書通りまず、しっかり混ぜます。10分ほどしっかりかき混ぜました。

Img_8365

あとは、タンク内に入れて振って、まんべんなくコーティングします。

余った液を付属の注射器でしっかり抜きます。

タンクを斜めにして液を一か所に貯めて抜くと抜きやすいです。

余剰分を抜いたら終わりです。

Img_8370


ちょっとしたコツみたいなんですが、コックの固定ネジのところに貯まった液を取っておくと良いみたいです。硬化したらネジが入りにくくなることがあるそうです。

Img_8371


私は、ティッシュのコヨリで、余剰を吸い取りました。

Img_8372


口の周辺は、筆でまんべんなく塗っておきました。

塗り終わったら、段ボールに入れてドライヤーで熱をかけます。

Img_8367


反対側に風抜き穴を開けておきます。

70~80度で20分以上熱をかけます。

100度を超えると沸騰したようにブツブツになってしまうとの情報なので、温度の管理には気を使いました。

ドライヤーの熱がいきなりタンクに当たらないように、タンクとドライヤーの間には薄めの段ボールを入れておきました。

Img_8369

ドライヤーの反対側にあけた、風抜き穴から非接触式の温度計で内部(タンク)の温度を計測します。

この温度計、釣りに行った時に水温を計るように買っておいたものです。釣り以外で役に立ちました。

5分ほどで内部の温度は60度ぐらいになりました。加熱時間は1個のタンクで約30分ほどです。

1個目のタンクに熱をかけている間に、1個目で抜いた液を使い2個目のタンクに入れて振り振りして熱をかける準備をしました。

私は、タンクライナー1個で、2個のタンクを1回施工にしましたが、うまくやれば2個のタンクを2回施工できそうです。

Img_8374

施工後は、こんな感じできれいな鼠色になります。

ここから、念の為にもう10日ほど自然乾燥させます。

その後は、凹みにパテを塗ったりと、塗装の下準備になります。

2017年3月26日 (日)

倒立フォーク(VJ22A流用) グース350Rショック 足の組み込み NF13A

Img_8338


本日、FショックとRショックを組み込んでみました。

Fは、ブログに記載しているNF13A改倒立ショック

Rはグース350

ポン付けでした。

Img_8339

まだまだ先は長いです・・・・・

2017年3月25日 (土)

RG125Γ 強化倒立フォーク プリロード調節 NF13A + VJ22A

RGV250ガンマに続いて、やっと新ウルフ125の倒立フォークが完成しました。

家に余っていたRG125Γの倒立フォーク(正確にはRG200)をVJ22Aの部品で強化しちゃおうと思います。

Img_8313_2


アウター RG200ガンマ アルマイト加工(ブレンボ シャンパンゴールド)

インナー新品

インナーロッド RGV250ガンマ(VJ22A)

バネ類 RG200ガンマ

シール類 新品

フォークキャップ RGV250ガンマ(VJ22A)のアルマイト加工

Img_8315_2


組み付けは慣れたおかげで、1本15分もかからなくなりました(笑)

インナーチューブは、左右新品です!

元々この仕様を完成しているRG125Γに組み込むつもりで部品を揃えていたのに、途中でRGV250ΓのSP倒立フォークを入れることになったので、家に置いておりました。

RG125ガンマのフォークは細いので手持ちの工具ではうまく打ち込めないのでマスキングテープで径を絞ると上手くいきます。

これに気が付かずに最初の1本目は苦労しました。

RGV250ガンマのインナーロッドには、RG125のバネは使用できませんでした。

理由は、インナーロットの形状とバネの長さも違うからです。詳細は、私の以前のブログに記載しています。

http://nf13a125.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/post-b18e.html

http://nf13a125.cocolog-nifty.com/blog/2015/01/post-dcbe.html

Img_3658

RGV250ガンマのインナーロッドには画像のような部品がついているので、これを外しておかないとバネが入りません。

Img_3660


Cリングを外せばすぐに外れます。

中に入れたオイルは、G15+G5を混ぜて粘度を35付近に調節しました。

インナーロッドをVJ22Aを使っているので、オイル量ではなく油面で調節しました。

RG125の整備書を参考に上から86ミリで調節しました。

組み付け時や分解時にバネを縮める方法でメチャクチャ簡単な工具を見つけました。

Img_4786


以前は、S字フックにこれを組み合わせて使っていました。

バネを縮めるのは、力でバネを押します。

Img_4788


今回、このロープが切れてしまい・・・・・こちらに変更しました。

Img_8319

これ、メチャクチャ簡単にバネを縮める事が出来ます。

だまされたと思って使ってみてください。

簡単に縮めることが出来き過ぎてしまい、S字フックのほうが先に根を上げるぐらいです。

Img_8316


おかげで簡単にフォークキャップを組み付け出来ました。

フォークキャップが締めれなくなるのでフォークキャップには、ラバー・シートを入れていません。まあ、無くても大丈夫かと考えています。

ちなみにインナーフォークのネジはVJ22AのSPに合わせて手で一番締め込んだところで合わせました。

どうせ、プリロードの調節のネジで上下できるので少しぐらい大丈夫じゃないのかなと思ってです。

Img_8322


完成です。

Img_8321


ブレンボゴールドにパープルのアルマイトの組み合わせです。

と、そんな感じで2セットRG125Γの倒立フォークを組み上げました。

Img_8335


VJ22AのSPのフォークもまだ車体に組み込んでないので、現在OH済みの倒立フォークが6本部屋に立っています(笑)

前回のRG125Γのレストアで使わなかったパーツを家に置いたままにしていたのを見たらどう見てもフレーム以外すべて揃っています。

で、フレームを購入。そのままウルフ125を組み立てる事になっちゃったんです。

その勢いでRGV250Γも購入(汗)

壊れたらどうしようと思い、パーツを置いておいたのですが、流石に今回のレストアで使わない、使わなかったパーツはヤフオクに出してみようと思っています。

このRG125ガンマ 強化バージョン倒立フォークも1セットは出品しようと思って、同じ仕様を2セット製作しました。

前回のRG125Γのレストアは、3年間コツコツお小遣いの中から部品代等を捻出しておりました。

今回、ウルフ125とRGV250Γの2台体制レストアは、サラリーマンのお小遣いではかなりの資金難になっております(笑)

このままでは、3年以上かかってしまいそうな・・・・・・そもそも、部品が、否、車体も増えすぎて家内がおっかない

2017年3月13日 (月)

アルマイト加工 倒立フォーク アウター 光研 アトミックラン VJ22A NF13A

125ウルフへは、ガンマの倒立フォークを入れる予定です。

RGV250ガンマのFフォークは、L型なので流用性が悪いとの事で、長い目で見て別の型のフォークを入手してそれに変更することにしました。

入手したRGV250Γの倒立フォークのアウターも125ガンマのフォークも年数相応のアルミ錆+汚れているので、前回の125ガンマの時のようにアルマイト加工に出してみました。

Img_8288


加工は前回同様アトミックランさんでお願いしました。

http://blogs.yahoo.co.jp/atomic_run?__ysp=44Ki44OI44Of44OD44Kv44Op44Oz

左の2本がVJ22Aで、オーリンズのゴールド

残り4本がNF13Aでブレンボのゴールドです。

125ウルフは、ガンマの倒立を入れる予定なので、倒立フォークのアウターです。

家を探したら2セット出てきたので、思い切って4本出しました。

しかもよく見たらRG200ガンマのでした。

Img_8290


小物類は、光研さんのアルマイトBOXを初めて利用しました。

http://www.koh-ken.jp/koukendenka/alma_box

この箱に指定の点数を入れ放題です。

1点あたりの価格は激安ですが、1色しか選べないんです。

家に余っている部品を入れれるだけ入れました。

このBOXは、バイク用品店で購入しました。

Img_8291

アルマイトをかけるだけで、一気に部品がゴージャスになります。

ただ、ステッププレートはダメですね。

加工前に光研さんから、上手く色が入らない素材だと電話を頂いたんですが…思い切って加工してもらいました

Img_8299


やっぱり、ダメですね。

Img_8295

イニシャルアジャスターのブルーのパーツは、倒立フォークのアウターを出すときにアトミックランさんへ追加でお願いしたのもです。

アールズブルーなる色です。

2016年11月23日 (水)

増車しました! ウルフ?

3年かけてレストアしていたガンマが今年7月に公道デビューして、チャンバー交換したり、キャブをTM34にしたりと、初期の理想形になったので、そろそろ使わなかった部品や外したノーマル部品を片付けようと見ていると・・・・・・・おいおい、ほとんど一台分あるんじゃないの(笑)

そう思っていたら、手頃な書付きフレームを見つけて買っちゃいました(笑)

こうなったら、余っている部品でもう一台作ってみようと思います。

ただ、いざ届いたフレームも・・・ここのところ寒くてほったらかし。

Img_5646

本日思い腰を上げて、フレームの錆取りをしました。

ガンマ君のフレームも錆錆で、せっかくだからサンドブラスト+紛体塗装へだしました。

Img_5656


今回は出来るだけお金をかけずにレストアをしようと思います。

ディスクグラインダーに、ワイヤーカップを取り付けて

うぃーーーん

と錆取りをしました。

車体+スイングアームで約1時間で作業終了!

余っている部品を利用なので、スイングアームはガンマ用の湾曲アームです!

その後、ママレモン+スコッチブライトでしっかり足付けと油分を落としておきます。

その後2時間ほど外で乾燥させてから、取れなかった赤錆を添加剤で黒錆に変更します。

いつもはホルツを使っていたのですが、これが安くて量が多いとの事で、今回はこれを購入しました。

Img_5649


紫になったところが、錆が転化したところです。

本日の作業はここまでです。

次の作業の予定は

フレーム・スイングアームの塗装です。

ホームセンターの普通の油性塗料で色を塗って、その後ウレタンクリアで仕上げる予定です。

ガンマ200のF周りが余っているので、

足回りは前後ガンマの予定です。

出来たら、ヘッドライトをつけてウルフにしたいと思っています。

キャブとかチャンバーは、この前までガンマで使っていた純正を利用予定です。

エンジンも、焼き付いた物があるので、余っているVJ22Aのシリンダーを利用して作らなければ・・・・さあ、何年かかるもんやら(笑)

無料ブログはココログ